大自然の中行うアウトドアが魅力!ニセコ!

ニセコ町の特徴と名所

北海道ニセコ町は、人口約5,100人の町ですが、夏はアウトドア、冬はスキーなどのウィンタースポーツで有名な場所です。町内には多くのスキー場やゴルフコース、温泉宿などがあることから、日本人のみならず、外国人の観光客も多数訪れます。ニセコ町は山などの自然に囲まれている地域としても有名で、さくらんぼの木や多くの湖などが点在するなど、観光スポットも豊富です。特産品であるユリの花や新鮮な地元野菜を販売している道の駅が豊富にあります。また、ニセコゆかりの小説家の名前を冠した記念公園、町の歴史を確認できる風土館に倉庫群など、歴史的な名所も多数存在します。草原の中で活動している牛の他、ダチョウを見学できるスポットがあることも特徴です。

ニセコ町のアウトドアについて

ニセコ町はスキーやゴルフ場などのアウトドア施設が充実していることが特徴となっています。ウィンターシーズンのスポーツといえば、パウダースノーの中で楽しむスキーやスノーボードです。初心者から上級者まで楽しめるコースがたくさんある他、ホテルも併設されている場所もあります。1日中スキーやスノーボードを楽しむことができるため、スキーヤーにとっては楽しい観光スポットと言えます。サマーシーズンの場合は、ゴルフを中心とした多くのスポーツを楽しめる施設が存在します。こちらにも宿泊施設やレストランなどがあるため、スポーツとグルメを満喫することができます。その他、ホーストレッキングができる施設や、ハイキング等のアウトドアを楽しめる施設が多数存在します。

小樽旅行でおすすめのスポットは、小樽水族館、三角市場、小樽運河の3つです。水族館でショーを楽しみ、市場でお腹を満たしたら、運河をゆっくり散策することもできます。