100万ドルの夜景が最高!函館!

函館の夜景は「日本三大夜景」

北海道内には多数の定番観光地がありますが、新幹線の開通によって乗り換えなしでアクセスできるようになった函館の人気が高まっています。この街は夜景がきれいな街で、その素晴らしさは「100万ドルの夜景」とも称されており、神戸・長崎と共に日本三大夜景に選ばれている事で知られます。近年では、札幌同様にクリスマスのイルミネーションイベントにも力を入れており、12月に行ってみるのもおすすめです。ちなみに12月に函館旅行に行った際は函館山からの夜景を楽しんだのち、赤レンガ倉庫付近のイルミネーション会場にて幻想的な風景を楽しむようなプランがベストです。なお、函館山からの景色は夜だけでなく日中も素晴らしいため、海を見渡したい場合は日没前に行ってみるのもよいでしょう。

その他の夜景が素晴らしい場所

函館山同様に、五稜郭町という地区にある幕末関連スポット「五稜郭」には昔から高い人気があります。このスポットのそばには五稜郭タワーというスポットが建っていて、日中に行ってみるとタワーの上から素晴らしい景色を楽しめます。そして、冬季に関してはイルミネーションイベントを開催しており、ライトアップされた五稜郭や付近の夜景を函館山とは違うアングルから堪能する事が可能です。その他、新幹線が開通した事により函館山や五稜郭とはまったく違う場所から函館の夜景を気軽に楽しむ事も可能になりました。具体的には新函館北斗駅の北側に複数の山がそびえたっており、例えば「きじひき高原」という南部の視界が開けた場所からは函館の夜景を北側から見る事が出来ます。

札幌旅行では、新鮮な魚介類やラーメン、ジンギスカンなど札幌グルメを味わうことができます。多くの店舗が立ち並ぶ商店街での食べ歩きが人気でたくさんの観光客が訪れます。